スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い風は誰が為に

キルギス音楽界の第一線で活躍し、若者からお年寄りまで
幅広い世代からの絶大な人気を集めるシンガー、ミルベック・アタベコフ。
本国を代表する歌手を語る上で、絶対に外せない人物。

キルギス北西部・タラス州に位置するジョン・アルイク村出身の彼は、
持ち前の力強い歌声で、ポップスから民謡などの様々なジャンルを歌いこなせる実力を持っています。
時にはキルギス語だけでなく、ロシア語や英語による歌唱も行い、自ら作詞・作曲を手がける事も。
近年では俳優としての活動も行ったり、キルギスにおける優れた歌手として政府から表彰されたりと、
まさに名実ともにスーパースターといえる存在なのです。ЗЫҢК ЖЫЛДЫЗ!
以前紹介したアルセンを激励した大物歌手というのも、他ならぬミルベックです。
(彼を激励した歌手はもう一人いるのですが、その人は別の機会に紹介するということで…)

そんな彼が歌う今回の曲は、60年以上前に作られ、キルギス人の間で根強い人気を誇る民謡
現代風アレンジを加えたものです。
サウンドの電子音こそ昨今のクラブ系といった印象ですが、その跳ね回り方はとにかくエスニック。
組み合わせ的に色物かと思いきや、それほど強いアクもなく、安定したリズムで結構楽しめます。
伝統と近代の融合した、次世代型ミュージック。
若者の集まるクラブで、こういう曲がフロアやオーディエンスを沸かせる日も近い…かも知れません。
因みに動画が投稿された当時で20代後半の彼ですが、顔のアップを見るとそうとは思えない貫禄…。

曲中で連呼される『Мөлмөл』(モルモル)とは、キルギス語で『カエデの木』を意味する単語です。
(普段は『Зараң』(ザラン)やロシア語から借用した『Клён』(クリョーン)等が用いられています)
後ろの『-үм』(ウム)は一人称所有格を表す接尾語。
美しい女性を比喩する言葉ですが、日本語だと『僕のカエデさん』と言ってるような感じでしょうか。

Мирбек Атабеков - Мөлмөлүм (My Maple Tree)
[Mirbek Atabekov - Mölmölüm]
(ミルベック・アタベコフ - モルモルム)



(Mузыка телеканалында… ЭКСКЛЮЗИВ!)
Muzıka telekanalında… EXCLUSIVE!
(ミュージック・チャンネル… 独占配信!)

続きを読む

スポンサーサイト

tag : キルギス共和国 キルギスタン クラブ 民謡 民族音楽

彼女に『T』はない


Арсен - Жарадар Жүрөк (Wounded Heart)
[Arsen - Jaradar Jürök]
(アルセン - ジャラダル・ジュロク)



タラス出身の人気シンガー・Арсен Бакирович Жумабеков(アルセン・バキロヴィッチ・ジュマベコフ)。
元々はカフェで歌っていた彼ですが、キルギスの大物歌手に激励されてステージでの活動を始め、
2011年度のラトビアとロシアの音楽祭Новая-Волна(ノーヴァヤ・ヴァルナー、英名New Wave)にも出場しました。
キルギスの男性は肉食系で、男らしい人がモテるらしく、男性ホルモンの濃そうな彼も人気のようです。
趣味はスポーツやトレーニングだそうですが、PVを観た感じだと微妙なガタイ…。
友人は『イケメンと不細工の境界線に位置する絶妙なダサさの逸材』と評価。褒め言葉です。多分。

ファンキーなエレキの音と、うねるようなシンセが静かに脈打つように響く中、歌い踊るアルセン。
『傷付いた心』という曲名や、下記の歌詞の内容とは裏腹にノリノリです。ドMの歌なのでしょうか。
あと余談ですが、動画中のギターの置き方はよろしくないのでやめましょう。


Адат менен өткөн түн эле,
Adat menen ötkön tün ële
いつもの とある夜

続きを読む

tag : キルギス共和国 キルギスタン ポップス

Ар Бир Адам, Жөн Эле Бийле!


Марлен Алибеков - Сени Таптым (I’ve Found You)
[Marlen Alibekov - Seni Taptım]
(マルレン・アリベコフ - セニ・タプトゥム)



2015年に開催された、テュルク圏を対象とした国際的音楽祭『テュルクビジョン・ソング・コンテスト』で、
ジーデッシュらと共にキルギス代表候補に選ばれた経歴を持つマルレン。
優しげな塩顔が特徴の、アイドルのような雰囲気を持つ男性です。
楽曲は今時のクラブ系ポップスといった印象ですが、時折サウンドに流れる
キルギス伝統の弦楽器であるコムズの音が『らしさ』を見せ、独特の個性を放っているように感じられます。

PVに登場するシンプルなダンスを見てると、何だか踊ってみたくなります。
こういった、視聴した人も真似して踊りたくなるダンスは、ヒット曲の重要な要素なのかも知れません。
私の知る、かつて一世を風靡したダンスと言えば、ソウルジャ・ボーイ『Crank That』のダンス
動画サイトを中心にブームを巻き起こした『ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)』の猫耳っぽいダンス
PSY『江南スタイル』の乗馬ダンス、三代目J SOUL BROTHERS『R.Y.U.S.E.I.』の通称ランニングマン。
最近ではオリエンタルラジオ率いるRADIO FISH『Perfect Human』が話題ですね。
あー、私もいつか踊ってみた動画を投稿してみたいです、なんて言ってみたりして。

tag : キルギス共和国 キルギスタン ポップス ダンス コムズ

飼い人は申せし、迷い人は去りし

2015年最後の記事です。
年末の辞は歌詞の後に。

Жийдеш Идирисова - Сен (You)
[Jiydeş İdirisova - Sen]
(ジーデッシュ・イディリソワ ― セン)



キルギス共和国・ナルイン出身の実力派ディーバによる、シンプルながらも飽きの来ないアップテンポな一曲。
途中に挟まるサックスが何ともオシャレ。PVのダンスも楽しそうです。ちょっと振付真似てみたい。


Махаббатым, тартынамын айта албай
Mahabbatım, tartınamın ayta albay
MY LOVER 言い出しづらいんだけど

続きを読む

tag : キルギス共和国 キルギスタン ポップス

脈打つ1ポンドの蒙昧


Иса Өмүркулов - Сүйүү Жазы (Love Spring)
[İsa Ömürkulov - Süyüü Jazı]
(イサ・オムルクロフ ― スユー・ジャズ)



カザフスタンで開催された国際的音楽祭『Золотой Микрофон』(ゾロトイ・ミクロフォン)で2位に選ばれた、
キルギスのジャスティン・ビーバーとも呼ばれる、ビシュケク出身の若手シンガーによる一曲。
イサの声質と曲調も相まって、まるで風のような爽やかさを感じさせてくれます。本人もイケメン。
生まれが1995年6月で、曲は2011年に発表されたものだから、動画の彼は高校生ぐらいですね。
現在は名門キルギス・ロシア・スラブ大学の法学部生だそうです。スゴい。どこだ。
彼を調べようとすると同市の同姓同名の政治家もめっちゃヒットするので大変。似ても似つかないけど。

好物はベシュバルマクという、馬肉を茹でた麺の上に乗せ、香辛料や玉ねぎのスープをかけた伝統料理だとか。
祝い事には欠かせない料理で、羊肉を使う時もあるそうですが、その場合頭蓋骨も近くに添えるようです。
『Бешбармак』で調べると、美味しそうな料理の写真の中に、頭の映っているものが何枚か…。
落ち着いて食べられるのかこれ…。これといいブズカシといい、何だか怖いよアジア。

Гүлзар араладым
Gülzar araladım
花畑を訪れた

Жүрөгүмөн сүйүп, Караганым сен

Jürögümön süyüp, Karaganım sen
心から愛し 見つけた君

Караганым сенсиң, Самаганым сенсиң,

Karaganım sensiñ, Samaganım sensiñ,
目にしたのは君で 待ち望んだのは君で

Аяганым сенсиң, Өмүргө теңсиң…

Ayaganım sensiñ, Ömürgö teñsiñ
恋しいのは君で 人生の支えだった…

tag : キルギス共和国 キルギスタン ポップス

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。