スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西瓜、黄昏、不知不覚

次号土曜日発売だというのに遅れ気味。
週刊少年ジャンプ2015年51号感想です。


バディストライク [新連載]
・んー、何だろう…。KAITO先生の作風は凄く好きなのに、これはビックリするほど心に残らない…。
 クロスマネジで漲っていた青春オーラとか大好きだったのに、今作からはそれがあまり感じられない。
 前作の一話が載ったジャンプ、まだ取ってあるんですが、これは今後残すのかどうか…。

暗殺教室
・あ、校舎は残るんですか。そこは容赦なくぶっ壊してほしかった。思い出の場所が壊されていく欝展開が見たかったな。
・まあ生徒からすれば先生が一方的に悪者扱いで殺されるのに得心行かないのは分かりますが、
 部外者からすれば月破壊&地球破壊未遂の世界の敵だからな…。しかも大量殺人者の前歴もあるし。
 マジで校舎壊して政府に少しでも嫌悪感を抱かせていたなら、生徒にも同情できたのに、何か茶番臭が…。

僕のヒーローアカデミア
・お茶子さんの中のデクの存在がドンドン大きくなってますね。次にデクと会った時、赤面して
『どうしよう…、まともに顔見られへん!』ってなるんでしょうか。是非なってほしい。
・というか青山くん、お茶子さんの心の内を把握してますが一体…。
・峰田プチオリジン状態? 普段はエロバカだけどやる時はやるってキャラになってほしい。応援するぜエロ葡萄!
・JKヴィラン登場。想像通りヤンデレキャラっぽい感じ。人殺しながら恍惚としそう。あ、してたっけ。
ボサ付いた髪がどことなく毒のある花の棘を連想させますね。好きです。
・『ステ様』って…。『あーん、ステ様が~』とか言い出しそうだよ何か。
・ツギハギさん、死柄木さんに気色悪いとか言ってるけど、ここまでストレートなブーメランがあっただろうかwww

食戟のソーマ
・叡山の手下モブ共に対し防衛・迎撃する極星寮。まあ確かに親父世代は反感喰らっててもおかしくないわな。
 そういえば在籍当時、薊は極星寮に対しどう思ってたんでしょうか。やっぱ潰したかったんでしょうか。
・ふみ緒さんは防衛体制を指示しただけでしいたね。てっきりモブ共の前に姿を現し、
 モブの何人が『まさか…あの人は…』ってなって、ふみ緒さんが一喝して追い返す、
 極星メンバーは『ふみ緒さんって一体…』となり、そこに一色先輩が現れてふみ緒さんは
 かつては実力者だったことが示唆される…とかを妄想してたのに。
・というか一色先輩は何してんですか。何か裏工作に専念してるんでしょうか。
・挑発に乗る叡山。まあ料理の匂いで『この料理!食べずにはいられないッ!』とかやるよりは個人的は良いかと思います。

火ノ丸相撲
・手を差し出す部長が最高にイケメン。髪の乱れた火ノ丸もカッコいい。

斉木楠雄のΨ難
・今回の話、麻生先生の本音なんじゃ…。個人的にはこの作品が担当変わってつまらないとは思わないかな。
 ただ一つ不満があるとすれば、『前回のあらすじ』がつまらないことですかね。正直今のはセンスない。
・担当変わったことでダメになった作品ってどれぐらいあるんでしょうか。
 とりあえずワールドトリガーが今後そうならないことを祈ります。

背すじをピン!と
・扉絵、綾辻先輩の色気が凄い。土井垣先輩共々、それぞれ違う部位の双丘の存在感を主張していますね。
・チャチャチャを踊ってる全員の好戦的な表情に思わずブルッとなりました。物凄い激情が伝わってくる…。
・回し蹴りの組み込んだダンス。これ実際にやったら迫力凄いんだろうな…。映像化してほしいです。
・八巻先輩が足技を躱す場面で『俺たちフィギュアスケーター』を思い出しました。あっちはほぼ死と隣り合わせですけど。

ブラッククローバー
・ノエルのバイト姿は良かったですが、無理矢理押しかけといてあの接客はちょっとね…。
 雰囲気を変えた変装をして客に紛れて陰から見守らせ全身図を映すってだけでも、ノエルが可愛いという描写は出来たんじゃ…。

ものの歩
・桂司とみなとは分かりますけど、香月はこの二人ほど信歩を認めてる感じはしなかったような…。
・失望したり泣いたり楽しんだり。二人は将棋で心を通わせてるんだろうけど、端から見たら十歩が精神不安定に見えそう。
 いきなり怒鳴りながら応援したり高笑いしたり泣いたりを僅か一分ほどでやった青峰も大概だったけど。

左門くんはサモナー
・おいクズ、お前貧乳のありがたみが分からんとは何事だ。ていうか裸体を見れるチャンスを与えられただけ有り難いと思え。
・嬉村さんがいい味出してる。天使ヶ原さんとはまた違った感じで性格良さそうですよねこの子。
・ゴミクズコンビのクソっぷりが愉快になってきた。煽ってる時のイキイキっぷりがヤバい。
・結局負けたものの友情を育んだ男子ズ。ゲスい友情なのに意外とヒビが入りにくそうに感じて不思議。

ワールドトリガー
・なるほど。確かに修は周りが優し過ぎて、あまり頭を下げてなかったですね。
・木虎は厳しいですけど、頭を下げればちゃんと指導してくれる辺り、修を認めてるんだなと嬉しくなります。
・同じ隊の双葉ちゃんといい風間さんの時の良い笑顔といい、めっちゃ子供好きそうですよね加古さん。
 ああいや、風間さんは身長がアレなだけで別に子供でもないけど。
 遊真を隊に誘ってたのも、単に年下の小っちゃい子を可愛がりたかっただけなんじゃ…。
 でも自分が加古さんより年下だったら可愛がってほしいなあ。姉属性なので。

ニセコイ
・病気放置して自分磨き…。意外と軽い病気だったというのはもう放っといて、もっとマシな理由付けはなかったのか…。

磯部磯兵衛物語
・玉千代さんから漂う強者感。女性限定の序列で見れば母上様の次かな。ただしその間の壁は高く厚く硬い。

BLEACH
・汚いアルセウスことリジェさん、原型留めてないどころの騒ぎじゃない。格納されてた筈の本体はいずこ。

カガミガミ [最終回]
・岩代先生、お疲れ様でした。


以上、何か愚痴が多い上にグダグダな感想でした。
スポンサーサイト

士々

上にジャンプ云々と書いているのに感想がないというのも変な気がしたので、
週刊少年ジャンプ2015年50号感想です。


火ノ丸相撲
・表紙カッコいい。静かな熱さが感じられます。
・内容を見た後にカラーの扉絵をもう一度見て、何だか泣きそうになりました。
・タイトルが今までみたいに対国宝戦のように異名ではなくそれぞれの名前を出していますが、
 一緒に頑張ってきた仲間だからこそ、今は互いに敬意を払い、全力で戦うんだ、という感じが伝わってきます。

キセキ待ったなし対決!!
・とんでもないコラボ来ちゃったよ。
・緑間さんの布団叩きで早速吹きました。火神不在…とことん番外編では扱い悪いなwww
・親でも殺されかねない迫力…凄みがあるのかないのか分かりにくいよ。
・緑間さん、マジで億回こなすまで四股踏みそうで困ります。
・フォームレスすり足www絶対重心ブレブレになるだろそれwwww
・キセキのまわし姿はサマになってますね。赤司さんの肩掛けジャージと腕組みは健在。
・火ノ丸たちのユニ姿はまあ普通ですかね。
・あっち向いてホイとか、なぜそれをシリアスな感じでやっちゃうんだwww
・まさかの技の活用法。未来予知×視線誘導とかえげつなさ過ぎるww
・ていうか赤司さん、天帝じゃなく『皇帝の眼』になってるけどいいんスか。
 それとも僕司じゃなく俺司として使ってるから呼称を変えてるのかな?
・そして心で捻じ伏せる火ノ丸。一瞬カッコいい!となって、赤司の指で現実に戻された…。
・負けた赤司が意外と冷静ですけど、一回負けたからメンタル強くなったのでしょうか。
 この時の赤司は一体『どっちの赤司』なのか、それによっても変わってきますね。
 盤石の勝利のために持ち主本人である僕司が使ったのか、それとも不完全ながらも俺司のまま使ったのか。
 …と思いましたが、この勝負内容で動揺してたらおかし過ぎるから普通ですよね。
・主将対決じゃなかったのでお流れ、次回へ…………続かない!?
 ダチ校部員たちの泥臭いバスケとかキセキの相撲の戦闘スタイルとか見たかった…。
・またいつか両先生がコラボしてくれる日を心から願ってます。切に。

食戟のソーマ
・竜胆先輩と叡山のやり取りや司の不憫さはギャグなんでしょうけど、
 こいつら裏切り者なんだよな…という考えが浮かんでしまい、薄ら寒く感じてしまう。
・舞台に上がった時点で、料理には手を付けられることなく敗北が確定する…。
 これを打開する作戦・仕掛けを、ソーマは厨房で用意するんですかね。それに叡山は気付いてるのか否か。
・叡山の手下が極星寮に向かってるシーンで、最近の喰種で月山家にCCGが乗り込むシーンを何故か思い出しました。
 大事な居場所が壊されるあのやるせなさや絶望感が似てるんですかね。とはいえどこっちの絶望感は弱いかな。
 叡山の小物臭もありますが、なぜならあの寮には怪しくも期待感のある十席の一員や、
 未だ実力の知れない寮母がいるんですから…。
・ドンドン加速していく叡山のクソさ加減。さあ、ブチのめせソーマ。

暗殺教室
・今まで出てきた波長への刺激は相手を失神させるなど攻撃的な使い方が多かったですが、
 こうやって相手を落ち着かせることもできるんですね。渚らしい優しい使い方です。
・烏丸先生の背中がどこか寂しそう。何だかんだありつつも、殺せんせーのことを仲間のように感じてたんでしょうか。
・そして放たれる大気圏からの衛星砲。S.O.F黒雛でもない限り防げなさそうですねこれ。
・しかし烏丸先生、生徒と一緒に撮った大事な写真諸共消滅させようというのだから、かなりキツい判断を下しましたね。
 まあ相手が相手だし、その目的を考えると綺麗事を言っていられないのも事実ですけど。
 それとも、殺せんせーならそれをも防ぎ、写真も守れると確信・信用、あるいは信頼してるんでしょうか…。

背すじをピン!と
・部長は本当に高校生なんですか…? 土井垣家の力で在校書類とか書き換えてないですよね…?
・今回何かエロいな…。衣装もそうだけどダンスの絡み合いが特に。
 ルンバは『大人の愛』を表現したダンスか…。メイクラブの方じゃない…ですよね?

僕のヒーローアカデミア
・カフスのシーンはちょっと分かりにくかったかな。
・校長が何かヤバいキャラになってますよ。どんな凄まじい過去があるんだ…。

ものの歩
・扉絵のベイブレード…これデザイン的に相当古いぞ。コロコロを読んでた自分としては懐かしいですが、
 先週のアルベルトやファンネル(元ネタを知らないので調べました)といい、池沢先生の中の時間っていつ頃で止まってるのか…。
・一日20時間ゲームってどこの穴郎君ですか。
・佐野六段がちょっとカッコいい。クロガネの隠居監督とかカミドリの仙石さんとか、
 池沢先生の描くオジサンキャラは別にイケメンでもないのに何か好きだ。
・『ヌ゛チッ』ってどんな擬音ですか。それとも『ズチッ』? どちらにしても変な音ですけど。
 『バチッ』の描き間違いかな。何か『ゴシカァン』を思い出しました。

斉木楠雄のΨ難
・大ゴマ変顔ドン祭り。手抜きとか自虐してますけど、変顔の連発だけで笑わせるのは才能だと思います。
・海藤がピュアすぎる。夢原さんにリードされてる妄想が捗るな…。

ブラッククローバー
・アスタのサンプル…完全に解析するためにアスタ本人が狙われる展開がありそうですね。
 禁書の幻想殺しみたいに、敵が大いなる目的を達成するための要としてアスタの力を欲するとか。
・ユノの挨拶…あの世界の使用言語って日本語(表記)だったの?

ワールドトリガー
・加古さんが美人過ぎる。葦原先生の絵柄も相まってサラッとした色気を感じます…。

左門くんはサモナー
・「少将だってバイトだって精一杯頑張ってる人を笑うわけないよ」
 言ってることはシンプルなのに、今週のジャンプで一番心に響いた台詞。本気で涙腺が危なかった。
 今まで『天使ヶ原さんの天使っぷりはちょっとネタ入ってるよね』って感じで見てましたが、
 この台詞はもう本当にね…ああ、この子は本当に心から優しい子なんだなと思いました。
 就職難とか言われる時代において、この台詞はもの凄く救われるものだと思います。
・そしてまたマスターが良い人でほっこり。ネビロスさん、就職おめでとう。

BLEACH
・リジェさんが人外とか異形とか通り越してエラいことになってる。
 アルセウスにあやしいパッチを無理矢理組み込んだらこうなりそう。変な例えですけど。
・「罪深きものを見続けると眼が乾くなあ~~~~~~」wwww腹が痛いwwwwww
 台詞回しがオサレなことで有名な久保先生ですが、この台詞はセンスが別次元にぶっ飛んでる気がwww

磯部磯兵衛物語
・母上様、ビンタ一発で男数人を飛ばす、空間の捻じ曲げ、物理法則への介入、そして今度は魂の入れ替えと来たか…。
 斉木楠雄と戦ったらどうなるのか興味があります。


以上、ジャンプ感想でした。

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。