スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動の天地、飛ばざる豚


Hayajan - Ween El Kalam (Where Are The Words?)
(ハヤジャン ― ウェーン・エル・カラム)



2011年にサウジアラビアを拠点に活動を開始した、首都リヤドのアカペラ歌手アラー・ワルディを中心に
構成される新世代バンドの、透き通るような声とギターが心地良い広がりを感じさせる一曲。
上記のデビュー曲をYouTube上にアップすると、大きな反響を呼び、アラブのコールドプレイとも称賛されました。
なおアラーは出身こそリヤドですが、『weyn』や『ma』といった語句や、アラーが音楽を学んだ地域、
メンバー5人中4人がヨルダン人であることから、歌詞はヨルダン方言のようです。
曰く『この曲の歌詞に意味はない』とのことですが、果たして…?

وين الكلام وانتِ ما اهتميتي
Weyn el-kalam w-enti ma ahtamiti
その言葉はどこに 君は気にも留めなかった

وانتِ في حال سنين
W-enti fi khal sneen
月日だけが過ぎていく

يا باي يا باي وانتي ما اتسليتي
Ya bay, ya bay, w-enti ma atsaliti
ああ 喜びもないまま

عبالك ايام كثير
'Abalik iyam ktheer
君を思う日々を過ごす

وين السلام وانتِ ما ارتويتي
Wen es-salam w-enti ma artaweyti
平和はどこに 君はそれを満たせないまま

تاقلك في حالي سنين
Taqhlik fi khali sneen
僕はこの年月の中 告げる

يا باي يا باي وانتِ ما اهتميتي
Ya bay, ya bay, w-enti ma ahtamiti
ああ 君は気にも留めなかった

عبالك اشياء كثير
'Abalik ishya'in ktheer
僕は君を想い続ける




因みにアラーのアカペラソングはこちら。ナシードにも似た透明感と神秘性を感じます。
演奏のビートボックスは圧巻の一言です。

Alaa Wardi - Fi Ba7ri (In My Sea)
(アラー・ワルディ ― フィ・バフリー)



هل قوارب بتدور، ناس بترحل بتزور
Hal qawarib betdur, nas bturkhal butzur
あちこちに漂うボートで 人々が去っては訪れる

في بحري، في بحري
Fi bahri, fi bahri
僕の海に 僕の海に

بإيدي حامل مكتوب، عسى يقرب القلوب
B'idi khamel maktub, 'assa eqorb el-qlub
僕の手の中には手紙 心を乗せて

في بحري، في بحري
Fi bahri, fi bahri
僕の海に 僕の海に…

أنا يللي بحري هاج على حبك إنت
Ana yalli bahri haja 'alee habik 'anti
海が君の愛に荒れ狂い

و هيو هب الريح، أي قوارب بعدِك بترسي
W-hayo hab el-reeh, 'i qawarib boa'dak btirssi
風も強く吹く中 君のもとに集えるボートなどあるのか

في بحري
Fi bahri…
僕の海で…

ويلي شو الميناء بعيد، و دقّات القلب بتزيد
Wele show 'l-mina' ba'eed, w-daqat el-qalb betzeed
港が離れていき 胸の鼓動は早くなる

في بحري، في بحري
Fi bahri, fi bahri
僕の海で 僕の海で

و هالقدر مش بالإيد، كل يوم في موج جديد
W halqadar mosh bi'leed, kul yom fi moj jideed
この手には運命が残り 波は日々生まれ変わる

في بحري، في بحري
Fi bahri, fi bahri…
僕の海で 僕の海で…


スポンサーサイト

tag : アラビア サウジアラビア ヨルダン ロック バンド

『1÷0』を教えてよ

今週の日曜、夕食に家族とかっぱ寿司に行ってきました。母と妹はライブで行けませんでしたが。
毎回思うのですが、かっぱ寿司のワサビは何故こうも辛いのか…。
失礼ながら他の寿司屋と比べると、かなり自己主張が強く、ツンと来やすいです。
せめてもう少しまろやかだと良いな…と思い、ふと横を見ると、皿の色でワサビの有無が分かるとの旨が書いてありました。
何故早く気づかんのだ自分わ…。
メニューもいつの間にか色々と増えていて面白かったです。
スシ・ロール(アメリカンな巻き寿司)が前より増えている。逆輸入というやつでしょうか。
ポテトにチョコと生クリームを付けたデザート…。この組み合わせは天界の食に等しい…。凄く熱かったけど。
甘栗とイタリア栗のマロンケーキも美味しく、プリンパフェも相変わらずの良さ。
…寿司が目的かデザートが目的か分からないですね。寿司も13皿ほどは食べましたが。


Saad Lamjarred - Lm3allem
(サアド・ラムジャレド ― ル・マァッレム)



『誰が何と言おうと、君はマァッレ―――――ン!』

クラシック歌手の父と女優の母を持つという、物凄いサラブレッドなモロッコのシンガー。
加えてイケメンで、俳優もしているそうです。天は何物も与え過ぎ。
サウンドは流行りのクラブ系という印象ですが、中東特有の歌い回しが『らしさ』を出してて楽しいです。
何より特徴的なのが、曲中で何度も連呼される『マァッレン』。妙に耳に残ります。
『enta(あなた、君)』がくっ付くと『あんたマァッレン』と空耳に聞こえて余計に…。
アラビア語で『先生』を意味しますが、『ボス』みたいな使われ方もあるようです。
歌詞を見た感じ女性への褒め言葉で、後者の意味合いが強いのでしょう。
しかしこの曲の場合、意味を詳しく知ろうとしたり限定するのはやめた方が良いのでしょうね。
ただ叫びましょう。『マァッレン!』と。

tag : アラビア モロッコ

燦、雷神

[11月5日]
家で長らく眠っていた、母が父から25年ほど前にもらったというKalita社のダイヤミル(赤)と、
数年前のDeLonghiのエスプレッソ・モカマシンを使って、本格的なコーヒーを作ってみました。
因みに私はどちらともその存在を知りませんでした。こんな素敵なものが我が家にあったとは…。

必要なエスプレッソ用のコーヒー粉がないので、フィルター用の粉をミルで挽きました。
母曰く豆から挽いた方が良いとのことでしたが、そう都合良くある訳がなく共に妥協。
因みにミルのハンドルは真横についていて、私は平気でしたが母はやり辛いとのこと。
面倒なマシンの洗浄を済ませ、粉と水をセットして抽出。
よそ見をしてしまったため抽出の瞬間を見損ねてしまいましたが。
あと金属部分を左手の人差し指と親指で一瞬触ってしまうミスも。痛みだか痺れだか分からない感覚が…。

まあそんなこんなで、棚の奥にしまいっぱなしだったデミタスカップに注ぎ、二人でブレイク。
深々とした、濃厚な苦味と香り。親子の優雅なひと時でした。
ただマシンの後片付けがすこぶる面倒なので、暫く使わないでしょう…。

[11月6日]
未だ指の痺れは取れず。微妙にマシにはなってる気がしますが。
夕食の後コーヒーが飲みたくなったので、ミルで簡易エスプレッソ粉を挽いて作りました。
しかし分量を間違えたのか薄く、母にはこれではアメリカンだとの感想をいただく。
未だに分量の匙加減が下手なんだよな…。されども歩もう珈琲道。次こそ。


Hussain al-Jassmi - Boushret Kheir (Good Tiding)
(フセイン・アル=ジャスミ ― ボシュレット・ヘイル)



『君がありのままに声を出してくれる、それだけで良い知らせになるんだ』

アラブ首長国連邦(UAE)のアル・ジール系(80年代辺りから流行したアラビアン・ポップス)のシンガーによる、
陽気なエジプシャン・ポップス。
ダンサーがBGMとしてかけることもあるようなので、知ってる人は多いかも?
なおフセインは、アラブの最優秀男性シンガー賞の受賞者とのこと。
この曲が出る前の話ですけど。(受賞は2008年、曲の発表は2014年)
あと上に映ってるオッチャンはフセインじゃないのであしからず。

tag : アラビア エジプト アラブ首長国連邦 UAE

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。