スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い風は誰が為に

キルギス音楽界の第一線で活躍し、若者からお年寄りまで
幅広い世代からの絶大な人気を集めるシンガー、ミルベック・アタベコフ。
本国を代表する歌手を語る上で、絶対に外せない人物。

キルギス北西部・タラス州に位置するジョン・アルイク村出身の彼は、
持ち前の力強い歌声で、ポップスから民謡などの様々なジャンルを歌いこなせる実力を持っています。
時にはキルギス語だけでなく、ロシア語や英語による歌唱も行い、自ら作詞・作曲を手がける事も。
近年では俳優としての活動も行ったり、キルギスにおける優れた歌手として政府から表彰されたりと、
まさに名実ともにスーパースターといえる存在なのです。ЗЫҢК ЖЫЛДЫЗ!
以前紹介したアルセンを激励した大物歌手というのも、他ならぬミルベックです。
(彼を激励した歌手はもう一人いるのですが、その人は別の機会に紹介するということで…)

そんな彼が歌う今回の曲は、60年以上前に作られ、キルギス人の間で根強い人気を誇る民謡
現代風アレンジを加えたものです。
サウンドの電子音こそ昨今のクラブ系といった印象ですが、その跳ね回り方はとにかくエスニック。
組み合わせ的に色物かと思いきや、それほど強いアクもなく、安定したリズムで結構楽しめます。
伝統と近代の融合した、次世代型ミュージック。
若者の集まるクラブで、こういう曲がフロアやオーディエンスを沸かせる日も近い…かも知れません。
因みに動画が投稿された当時で20代後半の彼ですが、顔のアップを見るとそうとは思えない貫禄…。

曲中で連呼される『Мөлмөл』(モルモル)とは、キルギス語で『カエデの木』を意味する単語です。
(普段は『Зараң』(ザラン)やロシア語から借用した『Клён』(クリョーン)等が用いられています)
後ろの『-үм』(ウム)は一人称所有格を表す接尾語。
美しい女性を比喩する言葉ですが、日本語だと『僕のカエデさん』と言ってるような感じでしょうか。

Мирбек Атабеков - Мөлмөлүм (My Maple Tree)
[Mirbek Atabekov - Mölmölüm]
(ミルベック・アタベコフ - モルモルム)



(Mузыка телеканалында… ЭКСКЛЮЗИВ!)
Muzıka telekanalında… EXCLUSIVE!
(ミュージック・チャンネル… 独占配信!)

続きを読む

スポンサーサイト

tag : キルギス共和国 キルギスタン クラブ 民謡 民族音楽

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。