スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も冬の蝉が鳴く


Oğuzhan Koç
- Her Aşk Bir Gün Biter (Every Love Ends One Day)
(オウザン・コチュ - ヘル・アシュク・ビル・ギュン・ビテル)




エルズィンジャン県レファヒエ地区出身、ウルダー音楽院の卒業生である、
俳優やコメディアンとしても活躍するシンガー。
綴りとしては『オウズハン』と書く彼の名前ですが、実際の発音では子音がくっつくという、
いわゆる連音化が起こり、『オウザン』の読みになるので、そちらを音訳に用いました。
トルコ・ポップのご多分に漏れず重たい歌詞を、淡々としつつもやるせなく歌い上げる声が
休日の室内に漂う気怠い空気の様なものを感じさせる一曲。
やはり東洋的な旋律で、試聴中に通りすぎた母も、変わった演歌を聞いたような反応をしていた記憶。
そしてPVの悲しき結末。彼の未来に幸あれ。

この曲は私がトルコ語を学び始めた初期から、リスニング用に聴いているものの一つなのですが、
当時、その整った流れの語感に不思議な魅力を覚えたものです。
これは『母音調和』と言って、母音がそれぞれグループごとに分けられいて、
一つの単語の中の母音は、同じグループのもので統一されるという現象です。
言うなれば、口の開き方をあまり変えないで発音する感じ。
日本語を当てはめた場合、『ア・ウ・オ』のグループ、『イ・エ』のグループに分かれる模様。
アルタイ諸語ではポピュラーな特徴で、かつては日本語にもあったというロマンチックな話も。


Bir güne daha böyle başlamak
一日をまた こうやって始める

続きを読む

スポンサーサイト

tag : トルコ ポップス

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。