スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Կապույտ Այգի

今回はアルメニアの曲ですが、ちょっと疑問。
アルメニアは果たして中東なのか、ヨーロッパなのか、アジアなのか。
人や国によって見解が分かれるようですが、考えると難しい…。
ま、『音楽に国境などない!』ということでひとまず。(投げ槍な上にコンセプト形骸化の危機)

Karen Mamikonyan, Inga Beglaryan
  & Ruben Bagratuni - Gisher E (It’s Night)
(カレン・マミコニャン、インガ・ベグラリャン
   &ルーベン・バグラトゥニ ― ギシェル・エ)



アル・ジャロウやジョージ・ベンソン、スタンリー・ジョーダンと言った著名人とも共演するフュージョン奏者のカレン、
ギュムリ出身エチミアジン在住、キリカの元ボーカル兼ベーシストのルーベン、女性歌手のインガによる一曲。
小躍りしたくなるフォルクローレ調の軽快なギターと共に響く、アルメニア語の不思議な語感の歌が何とも妙味。
インガの紹介が雑ですが、これは資料が少なく詳細が分からないためです。母語ですら殆どない…。

そしてアルメニア語の難しさよ…。
今回サブタイトルをいつもと趣向を変えて(正直ネタが浮かばないので)アルメニア語にしてみましたが、
英語に慣れているからか、やたらと読みにくいですこの文字…。因みに『Kapuyt Aygi』と書いてあります。
先日話題になった『日本人にだけ読めないフォント』とどっちが読み辛いのか…。

スポンサーサイト

tag : アルメニア

コメント

非公開コメント

プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。