スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十八道、雲あらずんば


トルコ南部の地中海に浮かぶ国・キプロス。ギリシャとトルコの文化が複雑に融け合うこの島の
首都ニコシアで生まれたBuray Hoşsöz(ブライ・ホショーズ)は、中学の頃からギターを学び始め、
キプロス最大の大学・東地中海大学の音楽科に入学。卒業後、今度は英国のグラモーガン大学で
作曲と音響技術の修士号を取得、その後オーストラリアのメルボルンにスタジオを構え、
ギョズデ・アンチェルを始めとした多くのトルコ系アーティストと交流、
後にキプロスで開催されたコンサートでギタリストとしての参加を果たしました。
オーストラリアで得た着想を、キプロスの精神を経て、イスタンブール(トルコ)の心で響かせる…と彼は語ります。
.……こう書くと、ドリアの経歴みたいですね。(スイス出身のフランス料理人が日本で考案したイタリア料理)

前述のギョズデが作詞を、ブライが作曲を手掛けたこの曲は、ファーストアルバムと共にリリースされ、
僅か10日ほどで100万再生に到達するという大ヒット曲となりました。
爽やかでどこか切ない映像や、軽快なギターのリズムこそ、真夏のアバンチュールといった感じですが、
歌詞がどこまでも破滅的です。流石重さに定評のあるトルコのラブソングといったところでしょうか。
幼いカップルが笑顔でこの内容を歌っているシーンが微笑ましいと言うより何かジワジワ来ます。
あと映像に出てくる扉が完全にどこでもドアで、一緒に観ていた父と揃って大笑いしてしまいました。

Buray - İstersen (If You Want)
(ブライ - イステルセン)



(メロ)
İzini kaybettiğim duygulara bir gülüşle kavuşmakmış aşk
僕が見失った感情で 笑いあえたはずの 愛

Sana anlatılan her masala bile bile aldanmakmış aşk
君に話したいくつもの作り話を 信じ切れたはずの 愛

Ansızın umutsuzluk yelken açıp uzaklaşınca ufuktan
ふいに 失望が帆を上げて消えていった彼方

Anlıyorsun bak
分かるだろう?

Sonbaharda yapraklar sararırken
秋の葉が色褪せていく中

Sen de yeşile bürünür aşk
君も緑に包まれる 愛

(サビ)
İstersen yak, savur, dağıt, beni yarala
望むなら 燃やして 投げ捨てて 引き裂いて 僕を傷付けてよ

Al bütün varım yoğum senindir
僕の在り方なんて 君次第さ

Ben yazdım seni, diğer yarıma
僕は君に綴ったんだ 愛しい君に

İstersen yık, acıt, kanat, beni parçala
望むなら 壊して 傷付けて 血を流すまで 僕を打ち砕いて

Ölsem de kıyan senin elindir
僕が死ぬぐらいじゃ その手は惜しいから

Sen dokun ziyan olmaz bana
僕に触れることで 無駄にしないで

(メロ)
(ブリッジ)

Dalgaları durulur sular gibi
波は穏やかな水のように

Hasretin çarpar yüreğime
望んでばかりの僕の心に

Saçlarını savurur rüzgar gibi
君の髪を揺らす風のように

Ay gibi parlar geceme
月のような光を この夜に

(サビ)
(サビ:ラスト)

Sen iste dağları, sen iste yolları aşayım
求めて 山たちを 君の望む道が 僕の求めるものさ

Geç kalma yaz beni diğer yarına
残された夏は僕を 君の恋人に

Sen iste dağları, sen iste yolları aşayım
求めて 山たちを 君の望む道が 僕の求めるものさ

Sen dokun ziyan olmaz bana
その一触れを 僕で無駄にしないで



Buray Hoşsöz(ブライ・ホショズ) キプロス トルコ
Buray Hoşsöz(ブライ・ホッショズ) キプロス トルコ
Buray Hoşsöz(ブライ・ホッショーズ) キプロス トルコ
Buray Hoşsöz(ブライ・ホシュソズ) キプロス トルコ
Buray Hoşsöz(ブライ・ホシュソーズ) キプロス トルコ
スポンサーサイト

tag : キプロス トルコ オーストラリア ポップス

コメント

非公開コメント

No title

どこでもドアをタイムマシンのように使ってるが、過去に戻っても何もせずにただ見ているだけなあたり、悲しい過去はどうしようもないんだな……
プロフィール

賀神 憂生

Author:賀神 憂生
Салам алейкум!
アラビア・トルコ・シリアなどの中東方面や、アジアの音楽を中心に紹介しています。
珍しい楽曲、マイナーな楽曲が聴きたいという方がいらっしゃいましたら、閲覧していただけると幸いです。
ブログ内の音訳・意訳に誤りがあった場合、ご一報ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。